Twitter Gplus Google Maps RSS
東京都水道歴史館公式ブログでは、イベントの様子やニュースをお伝えします。公式ツイッター開始!そちらもよろしくお願いします。公式Twitter
Home 未分類 秋の特別企画展「上水記展」「水道歴史展」
formats

秋の特別企画展「上水記展」「水道歴史展」

東京文化財ウィークにあわせて、江戸時代の水道の記録『上水記』
[ 東京都指定有形文化財(古文書)] 年に一度の一般公開を行います。

2018_zyosuiki01

秋の特別企画展「上水記展」
日程:10/27(土)~11/4(日)
場所:3Fレクチャーホール

【上水を描く―「樋線図」の世界】をテーマに、『上水記』の重要な要素である
上水の配管図「樋線図」を紹介します。恒例の『上水記』一般公開では、今年も実物を展示。
なかでも第2巻の「玉川上水水元絵図并諸枠図」は、多摩川に造られた羽村取水堰を
縦135.5cm×横514cmの大紙面に精緻かつ鮮やかに描いたもので、一見の価値がございます。
今年はあわせて、所蔵する江戸~明治の「樋線図」の実物も展示します。ぜひこの機会にご覧ください。

ご来場の方に、記念品を差し上げます。<なくなり次第終了。>

 

【同時開催】「水道歴史展」
日程:10/27(土)~11/4(日)
場所:3Fレクチャーホール

『上水記』の公開に合わせて「水道歴史展」を開催いたします。
東京150年にあたる本年は、また、明治31年(1898)に淀橋浄水場が通水を開始して、
ちょうど120年にあたります。これにちなんで、今回は「近代化と水道」と題し、
東京近代水道の誕生と発展を、実物資料と映像を交えながら、グラフィックパネルで紹介します。

コメントは受け付けていません。.