Twitter Gplus Google Maps RSS
東京都水道歴史館公式ブログでは、イベントの様子やニュースをお伝えします。公式ツイッター開始!そちらもよろしくお願いします。公式Twitter
Home 未分類 H28年度 秋の特別企画展「上水記展」と「水道歴史展」開催
formats

H28年度 秋の特別企画展「上水記展」と「水道歴史展」開催

水道歴史館では毎年、東京文化財ウィークにあわせて、当館が所蔵している江戸時代の水道の記録『上水記』(東京都指定有形文化財[古文書])を一般公開しています。「水道歴史展」も同時開催しています。

2016_josuiki

上水記展
~江戸の面影を求めて 玉川上水をたどる~
<同時開催>
水道歴史展
水源林と水道~水道水源林の保全管理~

日時:2016年10月29日(土)~11月6日(日)
場所:3Fレクチャーホール
※ご来場の方に、記念品プレゼント!

学芸員による展示解説:
    10月29日(土)・11月5日(土)
    11:00~/14:00~(30分程度/同内容)

実物を展示する『上水記』第2巻「玉川上水水元絵図」(縦135.5cm×横514cm)は、羽村取水堰のしくみが精緻に、美しく描かれた絵図です。

実物展示とあわせて、今年は「江戸の面影を求めて 玉川上水をたどる」をテーマに、『上水記』に描かれた玉川上水の流路を、現在の場所とくらべてご紹介いたします。

同時開催の「水道歴史展」では、東京の水道において重要な役割を担っている多摩川上流の水道水源林について、「水源林と水道~水道水源林の保全管理~」をテーマに、江戸時代から今日までの、水源調査をはじめ、森林伐採や開発等による水源林の荒廃を回復し、現在の豊かな水道水源林へと至る保全管理の歴史をご紹介します。

コメントは受け付けていません。.