東京都水道歴史館では、貴重な水道に関する資料を保存・公開しています。

木樋

江戸時代に使われた木製の水道管です。東京都千代田区丸の内三丁目遺跡、阿波徳島藩上屋敷跡より出土しました。
この木樋は上部にある溝をよけるために、「伏越し」と呼ばれる方法で、木樋を溝の下へ潜らせています。
木樋の蓋は溝からの水が入らないように、一枚板が使用され、板の継ぎ目には木の皮をやわらかくした槙肌がつめられ、 船釘によってしっかりとつなぎ合わされています。 また、木樋の結合部分には、組み合わせる木樋同士がわかるように、絵印の刻みを入れるなど、江戸時代の人々の知恵と工夫の跡をみることができます。(M.Y.)

『上水記』東京都指定有形文化財(古文書)

『上水記』は、玉川上水開削から137年後の寛政三年(1791)徳川幕府普請奉行上水方石野遠江守広通によってつくられた、 江戸上水の幕府公式記録(主として、神田上水、玉川上水の建設記録)です。天明八年(1788)に起稿し、 3年がかりで3部作成されました。青色の表紙に和綴じで10巻の構成となっており、1部は時の将軍11代家斉に献上し(国立公文書館蔵 欠本あり)、 もう1部は老中松平定信に進呈(所在不明)、残りの1部は上水方役所の保存用に置かれ「上水方のみちしるべ」にしたと伝えられています。
明治維新により玉川上水の管理も明治政府、東京府に移管され、上水方の『上水記』は東京府土木課から水道局に引き継がれ、 現在、東京都水道歴史館に保管されています。貴重な江戸の上水史料として、昭和五十二年(1977)に東京都指定有形文化財の指定を受けています。(M.Y.)
■『上水記』を読む

○秋の特別企画展「上水記展」と「水道歴史展」10月末開催

写真の説明

『上水記』の構成

第1巻 神田上水及び玉川上水の概要
第2巻 羽村取水堰付近の絵図
第3巻 玉川上水取水口沿岸の村々の持場、分水口及び橋等の説明入り絵図
第4巻 玉川上水取水口から四谷大木戸に至る水路の説明入り絵図
第5巻 四谷大木戸から江戸内の配水状況の説明入り絵図
第6巻 神田上水の水源井の頭から目白下に至る水路の説明入り絵図
第7巻 神田上水の目白下から江戸内の配水状況の説明入り絵図
第8巻 玉川上水建設に貢献した庄右衛門・清右衛門、青山上水・三田上水・千川上水・亀有上水に関する記述
第9巻 玉川上水・神田上水の水量調整に関する記述
第10巻 水料その他の賦課の徴収及び水番人に関する記述

トップに戻る